ホテルランチでプチ贅沢


ホテルランチでプチ贅沢

ホテルランチでプチ贅沢

子どもの幼稚園時代からお付き合いのあるお母さんたちと、時折「女子会」をしています。

……もうこの年になると、「女子」という言葉を使うことにすら、罪悪感を感じてしまうのですが……。

先日は、一緒にPTA役員を頑張ったお母さんたち合計7名で、

「たまにはちょっと贅沢してホテルランチもいいよね~」

ということで、駅前にあるホテルに入っているイタリアン・レストランでランチ会を行いました。

私が所用で途中退席しなければならなかったため、時間を繰り上げて11時の開店ぴったりにお店にゴー!

皆様、お気遣いありがとう♪

いつもは「サイゼリヤ」あたりでお茶を濁すことが多いのですが、やはりホテルのレストランは一味違います。

開店直後にどやどやと入ってきた我々オバサンたちを、爽やか草食系のウエイターさんが満面の笑顔でお出迎え。

「いらっしゃいませ!こちらへどうぞ」

イケメン・ウエイターさんに案内されて、わらわらと席に付くオバサンたち。見回してみれば、カジュアルを装いつつも、さりげなく上品かつシックな店内。

こ、こんな普段着でよかったかしら……?

オバサンたち、ドギマギしながらも、「レディースランチ」を注文。

パスタは数種類の中から選べるとのことで、皆それぞれ違うパスタをチョイスしました。

感想は……単純に「とっても美味しかった」です♪

旬のエダマメの冷製スープ、地元野菜を使った見た目にも楽しいサラダ、焼き立てのプチパン2種、サーモンマリネとラタトゥイユの前菜、メインのパスタ、ドルチェにドリンク……。

コースでしめて1380円!

メインのパスタが来る前に、お腹が7分目8分目あたりまで満たされてしまったのが残念ですが、全部がんばって完食いたしました。

なかなかのコストパフォーマンスだと思いました。やっぱりランチはお得ですね。満足満足。

ナイフやフォークやスプーンは籠に入った状態でテーブル上にサーブされるのですが、料理の質は高く、12時前には店内はほぼ満席に。

一人で来ている方もいれば、小さな子ども連れで来ている若いご夫婦も。もちろん私たちのようなオバサングループも多数。あまり広くない店内ですが、窓が大きく取られているため採光じゅうぶん。実際よりもずいぶん広く感じます。

こんなふうにおしゃれなお店でおいしいランチをいただいてしまうと、夕飯の支度をするのがほとほと嫌になってしまうのが難ですね(爆)。

子どもの安全を考える

某スポーツ系幼稚園で子どものスイミング指導中に事故があったようですね。

ニュースを見た限りでは、2歳児だか3歳児の幼児が40人近くいて、指導者二人というのはどう考えてもありえません。これまで事故がなかったのが不思議なくらいです。

幼稚園から小学校低学年ぐらいの間に、子どもにスポーツをやらせるということはその選択肢においてもほぼ親の責任です。

スイミングにしろサッカーにしろ運動にしろ、その教室を選んだのは親でしょう。

親として大事な子どもが通う教室の、安全対策はもちろんのこと、コーチの質や経営者の考えをしっかりと調べて納得することは大切だと思います。

スポーツ系幼稚園の場合は、もしかしたら親として納得して選んだ幼稚園であったのかもしれません。それに対して幼稚園側が、指導に問題があることを隠蔽していたか、それが危険であるということさえ認知していなかったとしたら、幼稚園側の指導方針そのものに疑問を感じます。もし、親に「指導不足」が見抜けないよう画策をしている事実があったとしたら、それは大きな問題だと思いますね。

幼稚園にしろ、教室にしろ、親が「見学したい」ことをむやみに嫌がるところは微妙です。ガラス張りというのは文字通りガラス張りで保育を年中見せてほしいぐらいですが、それは無理にしても必要に応じて親に自信をもって保育なり指導なりを公開してもらいたいものです。

例えば一般的にはスイミングスクールですと見学ができます。

幼児の場合、ほとんどの親が見学をしているものです。もし親が見ていて、40人もの子どもをたったふたりの先生が指導していたら、受付にすっとんでいって抗議するでしょう。あるいは子どもをすぐさまプールから引き上げ、連れて帰るのではないでしょうか。

教室や幼稚園は常に安全と指導をセットにしてオープンにしてもらいたいものです。同時に親のほうもモンスターにならず、多少のケガ(擦り傷など)や子ども同士のケンカについてなどは先生にお任せするべきだとも思います。

そして親は最初の印象だけを鵜呑みにせず、教室には頻繁に顔をだして、その状況が子どもにとってベストであり安全であることを確認することは必要でしょう。

いろいろと考えさせられるニュースでした。

事故にあった女子児童の回復を心よりお祈りいたします。