早めに健康を気遣っておく


早めに健康を気遣っておく

早めに健康を気遣っておく

歳をとったんだなぁとしみじみ感じてしまうんですよね、同年代の仲間で集まったとき。見た目どうこうというのではなく、健康の話で盛り上がるようになったという点で感じてしまうのです。

20代の半ばくらいからですかね、みんな健康の話題を持ち寄るようになったのは。はじめはダイエット絡みの話が多かったです。みんな忙しくて運動や食事に気を配れないということで、いいダイエット法はないか、体重維持法はないかといった内容でした。

それがいつしか健康話へと飛躍し、健康診断の結果が微妙だったという声が漏れ始め、お酒を控えようか、煙草を控えようかという人が増え始めました。今では糖尿病や痛風といった生活習慣病にならないように気をつけるにはどうすればいいかなど、深い健康テーマを話したりしています。

でも、みんないうほど歳ではないし、不健康でもないんですよね。30後半、40、50歳になったときに一気にツケが回ってくるのが怖いんですよ。何か体にトラブルが起きてから、あの時健康を気遣っておけばよかったと嘆く人をそれなりに見ていますからね。

今良くても後々。これが今私たちが健康を気にしている理由です。ただどうしてもこういう話をしていると、おじさんっぽく感じられてしまうので、公の場では結構恥ずかしいんですよね。特に2つ、3つ下の人たちと一緒にいるときに健康話をすると、若干引かれてしまいます。

食べ物なんかも当然気を配ってますよ。最近は普通の飲み屋には行かなくなりましたから。もうお酒が入るとしょっぱいものとかやたらどうしても食べたくなっちゃいますよね。これは良くないということで、最近は誰かの家で飲むようにしたりしています。そうすれば高カロリーのおつまみの誘惑がありませんから。

お店で飲むとしても、居酒屋だけは避けるようにしています。仕事絡みの飲み会となると、どうしても居酒屋が選択されてはしまいますけどね。そんなときは豆腐とか食べてますよ(笑) から揚げとか焼き鳥とかすっごく美味しそうなのに(泣)

まぁでも、今のうちにこれくらい健康を気遣っていれば、後々良い思いできるのだと考えれば、そう辛すぎることはありませんけどね。ただ、ストレスは若干溜まってしまいます。これもまた健康を損なう原因になります。

まったく、健康を意識するのって大変ですね。

脱毛 もみあげ脱毛 うなじ

キムチ万歳

私が子どもの頃は、キムチといえば焼き肉屋さんで食べるものだった。韓国料理の代表選手で、韓国料理といえば焼き肉である。もちろんスーパーにもキムチはあった。

でもビビンバとかは家で作るものではなく、食べに行くものだったし、キムチはキムチとして酒の肴とか、家のホットプレートでやる焼き肉のときに買ってくるようなものだった。

今、わが家ではキムチは常に冷蔵庫に常備してある。

キムチをキムチ漬け物として食べることより、いろいろとアレンジして使うためだ。

冬場はむろんキムチ鍋だ。本来の韓国料理としての鍋というより、すでに日本人向けになっている感じですな。うちは、豚バラと水餃子とえのきだけにニラ、焼き豆腐に鶏団子、それにキムチと味噌味で仕立てます。

普段、よくやるのがキムチチャーハン。

冷やご飯いためて、豚バラでもあれば一番いいけど、ありあわせのものいためて、それでざくぎりしたキムチいれて中華粉末ふりかければ出来上がり。他にもキムチラーメンやキムチうどんもよくやる。味噌じたてにキムチとニラさえ入っていれば、あとはうどんでもラーメンでもいいし、具は肉でも餃子類でもあるにこしたことはない。

ポイントは、キムチものには「卵」があうってことぐらいである。

チャーハンには半熟目玉焼き、ラーメンには半熟ゆで卵、うどんには卵をぽちゃんと割入れる。ちなみにキムチうどんにはこの落とし卵と焼き餅入れるとたまりません。

卵はキムチの辛みとよくあう。まろやかにしてくれる。そういえばカレーにも卵はあいますな。

あと、うちはお好み焼きにもキムチをいれる。

納豆にきざんだキムチをいれるとビールのアテにもいい。

とりあえずおなかがすいて作るのが面倒なときは、おにぎりに漬け物がわりにキムチ。ご飯にキムチのっけて、目玉焼き乗せて、焼き肉のタレを少量まわしかける丼はうちの息子の好物でもある。しかも簡単だから、夜半にモゾモゾよく自分でこしらえて腹を満たしているようだ。

キムチは意外と万能選手で何にでもあわせられる。保存期間もそれなりにあるし、今はビンやなんかで少量パックも売られているから使い勝手もいい。さほど高くもない。

そんなわけでわが家の冷蔵庫には常にキムチがあるのです。